宮廷医学|中医美容の研修

宮廷中医美容の研修に北京に行ってきました。
主に宮廷医学と活痧の理論から実技までを学んできました。

宮廷医学は明と秦の時代に最盛期をむかえ、それ以降は西洋医学に傾倒していきました。しかし近年、古い文献や資料などを集め宮廷秘方を研究し「宮廷医学」として認知されているそうです。

裕福な貴族を困らせる「富貴病」とは

宮廷では食事や衣服などには困ることがないため、貴族たちは日ごろから美味しい食生活を営んでいました。
その一方で、頭脳は使うが運動はしない、精神的にも過度なストレスが常にある。その症状は民間人の病気と違うため「宮廷医学」として発展したそうです。

貴族たちの生活は現代人とにているため、富貴病を治療してきた「宮廷医学」はとても注目されている分野。

宮廷医学・中医美容の道具

貴妃のカラダに触れないで治療する道具

北京朝陽区にある宮廷医学研究所

この貴重な体験を踏まえて、いづれ北京研修の企画ができればと思っています。

Royal Chinese medical(ロイヤル チャイニーズ メディカル)

関連記事

  1. 宮廷医学|刮痧美容を学ぶ

  2. 宮廷医学|香薬・香りの養生法