本文へスキップ

中医学と薬膳で女性の美容を考える

薬膳コラム中医学の夢診断とは

素敵な夢をみてますか

初夢はごらんになりましたでしょうか。
素敵な良い夢でしたでしょうか。それとも…

縁起の良い夢と言えば
「一富士二鷹三茄子(いちふじ にたか さんなすび)」
を思い浮かべますが、中医学にも夢判断があります。

例えば、上半身に気が多いときは、空を飛ぶ夢を見る。
下半身に気が多いときは、墜落する夢を見る。
飢えていれば夢に奪い物を取り、飽いていれば夢で与えるそうです。

人は眠りについた時に、知恵や思いこみというモヤがなくなり、真実を見るようになるそうです。

「昼に思うところがあれば、夜にその夢をみる」
「身体のどこかが病んでいると、それにより夢をみる」など

夢は特殊な精神活動であると同時に臓腑気血と密接な関係があると考えていました。

夢理論「淫邪発夢編」から

古代と現代をとりまく環境の違いもあるため「え?」と思う内容もあるかと思いますが、
中国伝統医学の書「黄帝内経」の「淫邪発夢編」から一部をご紹介します。

木:肝気が盛んなときは、夢の中でよく怒る。
  肝に邪気が侵入すると、山林の中の樹木の夢を見る。

火:心気が盛んなときは、夢の中でよく笑うか、あるいは恐れる。
  心に邪気が侵入すると、丘の上が燃えて煙があがるのを夢で見る

土:脾(胃)気が盛んなときは、夢の中でよく歌い楽しむか、身体が重く動けない。
  脾(胃)邪気が侵入すると、風雨に曝され壊れた家などを夢に見る

金:肺気が盛んなときは、夢の中でよく泣き悲しみ、身体が浮きあがる
  肺に邪気が侵入すると、浮く夢を見たり、金属製の奇怪な物が夢に出る

水:腎気が盛んだと、腰と背が離れる夢を見る
  腎に邪気が侵入すると、深い沢に潜んだり、水に浸かる夢を見る

中医学の考え方の基礎である陰陽学説、五行学説では「神のお告げ」「吉凶を占う」などは考えずに、
体内からのサインであり「夢を弁証して身体の不調を推測する」という捉え方をします。

夢から身体の不調を考えるなんて、面白そうで、不思議な感じですが、
中医学的モノサシではかると、今までと違うところから自分の事を知ることができ、楽しい発見もみつかります。


【安神の働きのある食材】

ハスの実、小麦、アーモンド、あんきも、牡蠣など

精神的に落ち着かない、よく眠れない、嫌な夢ばかり見る人は、安神(心を落ち着ける)食材で、心と脾を落ち着けて、ゆっくり眠って素敵な夢を見てください。