本文へスキップ

薬膳アニュ|中医学はセルフメディケーション

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

お知らせnews

未病を癒す

中医学には「優れた医師は未病を治し、凡庸な医師は発病してから治す」という言葉があります。

未病は、健康と病気の間にある不安定な状態。
心と体のサインをキャッチすれば、未病を知ることができ、崩れてしまったバランスは、病気になる前に体質と体調にあう食べ物を知る事で、より良い状態にもどります。


不調はなぜ?

春夏秋冬で自分が好きな季節はありますか。そして過ごしにくい、体調不良になる季節は?

中医学は気象を六つにわけ、その移り変わりによって自然界が変化すると考えます。 人の抵抗力が弱った時や、自然と調和できない生活をしている時に、自然の気候が邪気となり、体の不調をひきおこす原因となります。

現代では過度の空調、特定の片寄った環境なども人の体を冒す邪気となる事もあります。


ストレスからくる不調

中医学のココロとカラダの関係

心は喜びだけでなく、すべての刺激もうけもちます
憂いが心に動じると則ち肺に応じ
思いが心に動じると則ち脾に応じ
怒りが心に動じると則ち肝に応じ
恐れが心に動じると則ち腎に応じる
中医学は、過ぎた感情は体の不調になってあらわれる原因になる考えます。