本文へスキップ

中医学|中医学の体調不良の原因(精神不安定、不定愁訴)

中医学の特徴、整体観念と弁証論治

中医学の心と体の関係

中医学中医学はセルフメディケーション

中医学のことわり


中医学には肝心脾肺腎の五臓と六腑の言葉が出てきます。
でも西洋医学の五臓六腑とは違う部分があります。

中医学は外側に現れた「現象」から「内蔵の状態」を見ると同時に、自然界の影響もみるなど広い範囲でとらえます。
もともとは古代の人が厳しい自然界で、生きのびるための知恵から始まりました。

そして数千年という長い臨床経験が、巨大な知恵のかたまりとなり中国伝統医学となりました。
日本では伝統中医学を基に漢方医学として発展をとげています。

今、なぜ中医学や薬膳が注目されるのでしょうか。
「病気をなおす」のではなく「病気にならないための知恵」があれば、自分で出来る予防医学となります。
そして自分と周りを見つめることで、今まで悩んでいた事の原因や解決のヒントが見つかるからです。



体の不調はどこからくるのでしょうか?

体調不良を引き起こす原因は「外因」「内因」

古代の人は気象を六つにわけ、その移り変わりによって自然界が変化すると考えていました。
しかし人の抵抗力が弱った時や、自然と調和できない生活をしている時などに、自然の気候が邪気となり、体の不調をひきおこす原因となります。
また現代では過度の空調、特定の片寄った環境なども人の体を冒す邪気となる事もあります。


中医学は自然との調和を大切にする養生の知恵があります。




感情は(ココロ)は五臓(カラダ)を傷める? 
中医学では精神面も重視しますので、過ぎた感情は体の不調になってあらわれる原因と考えています。



外因と内因の他にも「暴飲暴食」「怠けすぎ、働きすぎ」「外傷」なども不調の原因にもなります。
中医学は数値化せず原因をトータル的に認識する事に重きをおいているため、
どんなに検査しても異常値の出ない不定愁訴や精神不安的など、中医学が威力を発揮します。



中医学人の生理機能を「見る、聞く、問う、触る」で考えます

「弁証論治」

古代の人はどうやって症状を判断したのでしょうか?
中医学における「診断学(弁証)」と「治法(論治)」は、中医学の特色ともいえる分野です。

中医学は四診(望診、聞診、問診、切診)と生活習慣や職場環境、人間関係なども含めて総合的に見るため、
不調を外側から知ることができます。

「見る」精神状態、顔色、肌、目、舌、髪   「聞く」声、呼吸、言語
「問う」寒熱、食欲、睡眠、月経、二便   「触る」脈、皮膚、手足

中医学では「弁証論治」に従い、生薬を選び方剤(漢方薬)を処方しますが、薬膳では「弁証施膳」に従って食材を選び、おいしい料理で病気を予防します。

「整体観念」

整体とは体全体のことです。
体の中の臓器は単体で動いているわけでなく、影響し合って生命活動を維持しています。
例えば内蔵の不調が悪いと肌にあらわれるなど、一部だけでなく全体をみることが必要です。

また自然界の変化は人の体に影響を与えるため、自然の変化に合わせて自分のバランスを保ち、他の生き物とも共存することを中医学は大切にしているため、共存するための知恵も教えてくれます。


このページの先頭へ