ティーペアリングの意味

薬膳は陰陽の調和(ペアリング)とバランスを基本にします。
お茶は喉を潤すものとして捉えるのではなく飲む人にあう、お茶をつくることを大切にします。薬膳の知恵で四季の移り変わり、体調の変化にもすばやく調和する薬膳茶のティーペアリングをはじめましょう。

薬膳の初心者さんでも、薬膳茶は手軽にはじめられます。
初めの頃はブレンドが思うような味に仕上がらなかったとしても、それはそれでご愛嬌です。

薬膳の知恵から生まれるお茶は、あらゆる調和を結ぶことになるでしょう。

「医食同源」日ごろ飲むお茶も薬

花、果物、食材をお茶にすると、その芳しい香りで華やかな気持ちになります。
「攻瑰花(薔薇)」の効能は、理気・解鬱気の滞りによる、イライラ、うつうつを緩和します。
さらに薔薇の香気成分「ゲラニオール」「リナロール」は体内に吸収されて汗腺から香りを放つことから薔薇には女性を綺麗にするチカラがあるといわれます。

攻瑰花(薔薇)

山梔子(くちなしの実)

時には優雅な薬膳茶を

薬膳茶・うるわしの紅

アニュではブレンド薬膳茶の販売もしております。
花やフルーツが浮く薬膳茶で優雅な時を過ごすのはいかがでしょうか。目でも楽しめて、ご家庭でのんびりティータイム、来客時のおもてなし、薬膳の集まりにプレゼントとしてもおすすめです。

「薬膳茶の専門店ポミエ&アニュ

調和を大切にする薬膳茶を!ティーペアリング:Tea pairing
薬膳茶エバンジェリスト(薬膳茶の伝道師)