薬膳の世界を伝える in 広島

家庭の中で伝えられてきた、夏バテ予防に梅ジュースや甘酒を飲むことも、春によもぎ餅を作ることも、薬膳を学べばそれらが理にかなっていることがよくわかるはず。

お刺身を食べる時に、紫蘇、わさび、菊花が添えられていることも薬膳を学べば、その意味がわかります。

広島市中区袋町のデイト ワークショップスタジオにて、薬膳料理のつながりから、お教室の様子が記事になりました。やわらかい雰囲気と優しさがこめられています。

そして薬膳と中医学を学ぶために東京の学校へ、広島から東京まで通ったことや、伝えたいことが描かれているので、薬膳を学びたいけど、どうしようかな?と思っていらっしゃる方への気持ちを、押してくれる言葉が織り込まれています。

記事を詳しく読みたい方は「インタビュー記事をご覧ください」

おいしく食べて健康に。
その知恵が薬膳には秘められています。

広島の薬膳料理教室のご案内は「薬膳サロン・ポミエへ」

関連記事

  1. 薬膳体験|美活!健康フェスタのご案内

  2. 《継続は力なり》効く薬膳茶

  3. 薬膳フレンチ広島|春のメディカルフレンチ