乳香と珈琲アロマのおもてなし「コーヒーセレモニー」

エチオピアのコーヒーセレモニー

乳香(にゅうこう)の香りを覚えたのはコーヒー発祥の地といわれるエチオピアのコーヒーセレモニー。客人を歓待するエチオピアの伝統的な儀式です。 
コーヒーが振る舞われるまで時間はかかりますが五感を存分に刺激してくれます。

鍋に入った生豆を洗うところからはじまり時間をかけて焙煎されていく豆姿をのんびり眺めます。だんだんと黒く光沢を纏ってきた豆を臼に入れて杵で砕くと、深みのある独特の芳香が波紋のように広がり、香りの幸福感も味わいます。

コーヒーセレモニー


記憶によると…。

・生豆をあらう
・乳香を焚く
・焙煎する
・焙煎豆の香りを楽しむ
・臼に入れて杵で砕く
・素焼きのポットで湯を沸かす
・砕いたコーヒーをポットに入れ煮出す
・一煎目は健康
・二煎目は愛
・一煎目は祝福

珈琲アロマのおもてなし

コーヒーの香りには多くの成分が溶け込んでいます。
なかでも幸せ物資のセロトニンに近い働きをする成分も含まれており、コーヒーを口にふくめばカフェインとの相乗効果でポジティブな感情をうみだしてくれます。

すべてを手作業でおこなう光景はなかなか見る機会はありません。乳香が焚かれ、心を込めて淹れてくれたコーヒーを飲みながら語り合う。五感の幸福パレードに満たされるエチオピアのコーヒーセレモニー。

乳香のおもてなし

乳香はカンラン科のトゲのない樹木の幹から浸出する樹脂。
主な産地は北アフリカのエチオピア、ソマリア、中東地方が有名です。乳香は薫じるとススをあげたあと白い煙を立ち昇らせます。この煙とともに甘い香りが運ばれてきます。

古代では人が喜ぶ香りは、神々を喜ばせる芳香でもありました。
乳香は人々の願いを天上の神に届ける役目として祭壇で焚かれる極めて重要な薫香料で、別名フランキンセンス(frankincense)とも呼ばれます。
フランス語のfranc(真正の)encense(香を焚く煙)が由縁で「真のインセンス」であり乳香は神への象徴として考えられていました。

乳香は外科、傷を癒す要薬

薬では活血(かっけつ)の効能をもつため、血の滞り、打ち身などで不自然になった肌を回復させる働きをもちます。内服、外用ともに使われますが肌をなめらかにし、痛みをとめる外用薬として使用することが多いです。

一般的には乳香のエッセンスをオイルにとかし香油として使うのが良いかと思います。

乳香 フランキンセンス

乳香はアンチエイジング用の基礎化粧品としても人気を集めています。

関連記事

PAGE TOP